太平洋プレートの動きが加速。日本が浮上してくる?

太平洋プレートが東日本の下に沈み込むスピードが
加速しているそうです。
三陸沖で最近頻発している地震は
この辺から来るんでしょうね・・

地球は生き物ですからね
どちらにしろ徐々に変わってくる
東北・北海道方面も西側にずれていっているようです。


話は変わりますが、
ちょうど先日、ヒカルランドという出版社から
ムー大陸浮上を唱える、光明さんの
本が出ましたね。
光明さんという方は船井幸雄さんも推薦する
霊能者の方です。
光明さんの話が真実ならば、
大震災は大きな幕開けだったかもしれませんね。
こじつけ気味ですが、ちょっと気になりました。

それにしても、
大陸浮上のペースなんていったら、
我々はどんな災難を経験すればいいんだろう・・・?



画像






http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120523-OYT1T00635.htm



■太平洋プレート沈み込み加速、震災前の1・5倍

巨大地震

 太平洋の巨大な岩板(太平洋プレート)が東日本の下に沈み込むスピードが、東日本大震災前と比べて平均で約1・5倍、2003年以前に比べると約3倍に加速していることが、北海道大学の日置(へき)幸介教授らの研究で明らかになった。

 地震でプレートの引っかかり(固着)が広範囲で破壊されたためとみられるが、大きな地震が近年起きていない北海道・根室沖や三陸沖北部では、地震のエネルギーが急速に蓄積している可能性もある。千葉市で開催中の日本地球惑星科学連合大会で24日に報告される。

 太平洋プレートが沖合で沈み込む影響で、北海道~東北地方は、西向きに年間数センチの速さで移動している。日置教授らは1996年以降、同プレート境界面で起きたマグニチュード(M)7級以上の地震と、全地球測位システム(GPS)の観測点の移動との関係を調べた。

(2012年5月24日17時36分 読売新聞)








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック