さあ、激動期へ・・あなたの想いが世界を変える

アクセスカウンタ

zoom RSS レスベラトロールという物質、あなたの寿命は延ばせる

<<   作成日時 : 2011/06/22 16:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

先日、NHKの番組でやっていたものですが、
何気なく見ていたら、
内容的には凄いものでした。

サーチュイン遺伝子というのが発見され、
この遺伝子が働き出すと体が活性化され、
若返っていくという・・・

本当のようです。

サーチュイン遺伝子というのは普段は
眠っているそうです。

下の内容のように、カロリー制限したり、
レスベラトロールという物質を接種することによって
働き出すそうです。

おどろきました。

どちらにしろ、食べすぎはよくないようで(すごく反省)
本当は2食ぐらいがいいみたい。
前にもお伝えしたかもしれませんが、
午前中は人間は排泄する時間なので
入れないほうがいい様です。
食に関する常識というのは
文明開化と共に徐々に
変わって行ったようです。







画像





●長寿遺伝子のメカニズム 哺乳類では、「サーチュイン」が様々な臓器で寿命を延ばす効果を示すことがわかってきた。札幌医科大学が注目したのは、心臓の筋肉、心筋。ハムスターでの実験で、サーチュインを活性化させることで、心筋の老化を抑えられることが示された。サーチュインが活性化すると、心筋を老化させる活性酸素を除去する酵素が増えるという。


●長寿遺伝子とカロリー制限!? 好き放題食べさせるよりも、カロリーを制限した方が寿命が延びる。このことは、ヒトに近いアカゲザルの研究でも、最近示されたが、このカロリー制限による長寿に、サーチュインは大きく関わっていることがわかってきた。サーチュイン研究の第一人者、今井眞一郎博士は、エサの量が足りない時期を生き延び、子孫を確実に残すための戦略ではないかと考えている。


●長寿遺伝子 活性化する薬は? サーチュインを効率よく活性化させる物質を探す試みが行われている。まず注目されたのは、赤ワインにも含まれるレスベラトロール。東京大学の研究で、この物質はサーチュインを活性化させ、血管内皮細胞の動脈硬化を防ぐ機能を高めることがわかった。さらに既存の他の薬剤にも同様の効果があることがわかってきた。




長寿遺伝子をオンにする生き方 (青春新書INTELLIGENCE)
青春出版社
白澤 卓二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 長寿遺伝子をオンにする生き方 (青春新書INTELLIGENCE) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 95
レスベラトロールという物質、あなたの寿命は延ばせる さあ、激動期へ・・あなたの想いが世界を変える/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 95
2013/07/09 23:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レスベラトロールという物質、あなたの寿命は延ばせる さあ、激動期へ・・あなたの想いが世界を変える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる